【社員ブログ】筋肉と仕事

こんにちは
営業のHです。

今日は私の趣味についてです!
そう私の趣味は筋トレです。

仕事も上がりに一緒に筋トレ仲間も募集してます。


こんな本も出ていますが。
仕事と筋トレは似ている点が多々あります。


筋トレをやってみる前に、この本に書いてある大切なことを確認しておきましょう。

まずは「筋トレをする目的」です。
ひとそれぞれ、筋トレを継続したいと思う動機や目的は違うんじゃないでしょうか?

「痩せたい!」
「カッコイイ体になりたい!」
「強くて健康な体づくりをしたい!」
「筋肉と会話できるようになりたい!笑」

などなど様々ですが、筋トレを始める動機としては「女の子にモテたい」でも、「なかやまきんに君みたいな筋肉が欲しい」でもなんでもいいんです。

まず、「はじめること」が大切。
そして、継続してしていくプロセスに大きな価値があります。

本書では、筋トレの最終的な目的は「QOL(クオリティーオブライフ)の向上である」と書かれています。

筋トレを継続していくうちに、

当初持っていた目的である「痩せたい」「モテたい」「健康診断の数値を良くしたい」などの表面的な欲望がだんだんどうでもよくなってくる。

そして、「筋トレを定期的に続けていると、体調が良いのでこの状態を維持するために続けたい」とか「頭が冴えるし、気持ちが前向きになるから続けたい」という理由に変わっていくのです。
逆に、筋トレを2週間やらないと、体調が悪いと感じたり、理由もなく気持ちが落ち込んだりして、「最近冴えないなぁ…」という気がしてくることもあるようです。

筋トレを継続することは、「良い習慣を継続する」というセルフコントロールの方法を習得すると同時に、肉体と精神を鍛え、日々の気分を前向きに保つ効果もあるということ。
仕事やプライベートも含め、人生全体に良い影響を与えるのが筋トレ。

筋トレの継続が、人生にもたらすものはとても大きいのだということです。
それでは、筋トレと仕事の関係についてこの本からから学んでみましょう。
筋トレが継続できる人と仕事ができる人にはある3つの共通点がありました。

1.ポジティブさ
思い返してみてください。

「体を動かしたら不思議と気分が晴れた!」

という経験をした人は結構いるんじゃないでしょうか?
実際、ぼく自身も悩んでいる時にランニングをすると気分が晴れるという経験を何度もしています。

また、統合失調症だったけどビリーズブートキャンプをやったら治っちゃったという坂爪圭吾さんの話とか、調べるといろいろ出てきますね。
そのメカニズムは、筋トレをする=体を動かすと交感神経が優位になり、興奮して意欲的になるから。

人は何かを達成したいとかできるようになりたいという意欲を持っているのに、不安や恐れから、できない理由を探しますが、筋トレの習慣は、そういうネガティブな気持ちを吹っ切ってくれるのです。
ポジティブな気持ちを保ち続けている人は、仕事ができる人ですよね。

2.自分を律する習慣
本書で山本ケイイチさんは、

トレーニングに限らず、何か自分を律する習慣を持つことは、ビジネスで成功するための必須条件と言っていいだろう

と言っています。

実際、政治家や財界人には柔道や合気道をしている人が多く、経営者には茶道をしている人が多いのだとか。

仕事とは別に自分を律する方法を確立していて、何か一つのことに打ち込んできた人というのはメンタルタフネスが秀でている人。

また、アメリカのエグゼクティブの間でも、トレーニングによって体を鍛えるのは常識になっています。

「太っているということは、自分自身をコントロールできないということを証明している。」
「そんな人はリーダーとして他人を率いていけるわけがない!」

とみなされるようです。

筋トレを継続する習慣は、自分を律して一つのことに打ち込む、自分自身をコントロールする力を養います。
精神的なタフさや自分を律する力を持っている人は、仕事のできる人ですよね。

3.直感力
優れた経営者は、幾つかのプランすべてを見渡した上で、最終的には「直感」で決める人が多いのだそうです。
それはつまり、心が安定してタフであり、一つのことに集中できるから。
余計な情報に惑わされず、自分が本当は何をしたいのか?知っているからです。

人間が誕生して約百万年もの間、人間は直感を頼りにしてサバイバルな世界を生き抜いてきました。「考えて動く」というその時間が、そこでは命取りです。
文明が発達して安全な世の中になり、「考えた結果で動く」が当たり前になって、直感力が次第に鈍ってきているのかもしれません。
トレーニングに来ていたある経営者が、山本さんにこんなことを行ったそうです。

「儲からない仕事はしたくない。だって遺伝子が嫌がるから」

理論的でない感じがありますよね。
でもその方は、直感的にその時一番正しいと判断した行動をとって、会社を経営しているのです。
著者の山本さんは、「直感とは、脳の活動というより身体活動である」と言っています。

筋トレは身体能力を鍛え、直感力を養う手段ということ。
直感力を鍛え、直感的に行動している人は、仕事のできる人でしょう。


趣味も仕事も全力投球!!
さぁ君も心も体もマッスルになって!!
人生を謳歌しましょう!